泥とお菓子と野生児と・・・

  • 2013/05/12(日) 09:31:05

GWも、明けて一週間ほど過ぎてしまいました。
皆さん、しっかり楽しんで充電出来た事と思われます。
そんな付き人、野生児ロニを差し置いて泥と格闘しました。
いやいや、格闘と言っても、ロニのように田圃の中を走り回った訳じゃありませんからねっ(笑)。

実は田植えを手伝う事になり、付き人は田舎スタイルでFarmerになっとりました。
Farmerと言ってもド素人なので、補助的人員として作業したのです。



育苗用ハウスで育てた苗を、田圃に運ぶのが付き人の役目。



しか〜し、これが意外と重く、一日で百数十枚を運ぶのに四苦八苦してしまう付き人でした(汗)。
お陰様でしっかり筋肉痛〜(汗)。
野生児と草っぱの中沢山歩いて、体力には自信満々なつもりですが、泥は手強かったのかもしれません(笑)。



本当は、機械を操作したかった付き人ですが・・・

重い苗箱持って田圃に入った付き人、何度となく泥に足を掬われました。
危うく、ひっくり返りそうになったのは三度ほど。
かと思えば、運搬途中で雉を発見し、「今でしょっ」と興奮して運搬を忘れそうになったり・・・



これじゃぁ、機械に乗せてくれない訳だ!!



ロニ地方、穀倉地帯と言われますがほとんどが兼業農家。
稲作で生計を立ててる専業農家はごく一部。
米の流通価格を考えれば、それ相当の広大な土地がなければ生計は立てられません。
が、しかし、そんな兼業農家でさえ時代の波に乗らねばならず、最小限の人員で出来るように機械化せねばならないのです。
あ、話しがややこしくなりそうなので割愛させて頂きます。



付き人が泥と格闘してる最中、留守番部隊はけっこう楽しくしてたそうで、ちと‘ムッ’とした付き人です(笑)。



部隊長の野生児と言えば、遊びに来ていた甥っ子Yu也とお菓子の争奪戦をし、見事にテーブルの上にあったオニギリGET。
何故かでっかい歯形の付いたオニギリが、付き人の夕飯の食卓に出されるという惨事に倒れそうになったのは内緒っ(汗)。



かと思えば、得意のポーズでフル充電をかます野生児。
男の子で良かった(笑)。

一応ね、だらけた野生児に喝を入れる為、早朝に雉さん生息の竹林がある山(←けして山とは呼べない)に軽い運動にも行きましたよ。



う〜ん、這われちゃったねロニく〜ん!!


そんなGW、付き人にはまだ来ておりません。
ロニ家にはGWらしきものがあったそうですが…どう言う事っ??!!


あっちのお家やそっちのお家、あららら向こうのお家も!!
皆さんの楽しいGWの様子、日記を読ませて頂いて気分は満喫させて頂きました。
こんなGWもありだと、自分に言い聞かせてる付き人です(笑)。


この記事に対するコメント

残念×2

泥との格闘お疲れ様でした。
良い運動になったのではないでしょうか。

自分で植えたお米を食べる美味しさは格別でしょうね。
自宅の周りは田んぼだらけなのに親戚に農家がいないので
田植えの経験はありません。(残念)

お察しの通り、私のブログは娘の友達や親に乗っ取られて
しまってます。学校についても自由な意見を書きたかった
のですが、そうもいかなくなってしまいました。(残念)

残念・・・

wonwonさん、ご訪問ありがとうございました。
色んな意味でご迷惑をお掛けしてしまいました…残念です。

良い運動を通りこし、全身筋肉痛が暫く続きました。
普段、如何に運動不足なのかが身に染みます(笑)。
山と泥は、勝手が違いましたね。

JOYくんブログ、取り返してみて下さいな(笑)。

今回は私のブログの書き込みのなかで、付き人さんに不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。ブログの管理者としてお詫び申し上げます。

たまにあるんですよね、勝手に自分の思いをぶちまけて、人を誹謗するよコメントを入れる人が・・。私自身も何度か不愉快な思いをしてきました。あのようなことが頻発するようでしたら、コメントを承認制にしようかと思っています。

返信は…

wonwonさん、コメ返しをメールしちゃいました。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL